東京のオーナーさん向けにおすすめのオフィス原状回復・内装工事業者を比較ランキングでご紹介

ルールがあるって知ってた?東京の原状回復における決まり事

東京で賃貸物件を借りる際には、契約時に細かな説明はありますが、その中には退去時の原状回復の内容も含まれています。後からトラブルにならないようにルールを理解すると共に、決まり事はきちんと守った上でオフィスなどを使うことが求められます。

ルールの詳細や使用中の注意点、退去時の対応まで全てを把握することでスムーズに引き渡しを済ませられます。

 

東京ルールの決まり事は特殊な内容も含まれる

賃貸契約を結ぶ際には、貸し主と借り主の双方が納得した上で契約を結ぶことは大原則です。通常は不動産会社が間に入っているので貸し主と直に接することは少ないものですが、不動産会社は貸し主の代理として仕事をしているので、契約書を十分にチェックすることは欠かせません。

間取りや家賃額などは既に明確化されていて、内覧を済ませている方が契約をすることが普通なので問題はないものです。要確認な内容は原状回復の項目です。

一般的には、自然に劣化をしてしまう部分については貸主側が負担をするのでクロスの自然変色や床材の微細な傷、水周りの設備やエアコンやストーブなどの機器類の劣化も該当します。借り主の故意や大きな過失によって損傷させてしまった場所や、普通の使い方では劣化しないような著しい汚れの部分は借り主が原状回復の義務が生じます。

この内容は全国的に共通しているとも解釈できますが、東京ルールと呼ばれている内容には、例えば冷蔵庫や洗濯機など普通は移動をしないような電化製品の裏側のクロスが黒ずんでしまったという事例では、貸し主側が負担をしなければならない決まり事です。

一般賃貸では6年以上住んでいる場合に限り、床材が傷んでしまっても、貸し主側が全負担をすることも東京ルールです。オフィスの場合では例えばエコアンの問題があります。

通常利用で付近の壁が汚れてしまう分には問題がありませんが、水漏れなどを起こしていて、そのまま放置をしていた結果、クロスや床材を腐食させてしまったという事例では、借り主が負担をしなければなりません。

 

原状回復を把握して正しく利用することは大切

東京で賃貸オフィスを借りるには、初回の契約時に詳細事項が伝えられ、文書でも明確にしていることは基本です。長い期間にわたって借りることを目的にしている会社は、あまり気にする必要もありませんが、数年後には移転するような環境では原状回復はかなり重要です。

決して難しいことではなく、正しく普通に使っていれば、退去時に余計な経費が掛かってしまうことはありません。クリーニング代が必要とされる契約が多いのですが、敷金から負担をすることになるので、実質的に持ち出し金をゼロにすることも不可能ではありません。

正しく使うには、壁面では家具によって傷を付けないこと、物をぶつけてしまい穴を開けてしまうことに注意すること、目立った穴を開けて掲示物を壁に貼らないことなどを上げられます。床材はオフィスの場合はPタイルやカーペットなどを利用していることが多く、どちらも交換が必要になるような傷を付けないことと、焦がしてしまうことが無いように配慮することは基本です。

設備機器は水回りを含めて定期的に掃除することを心掛けたり、ガラス屋陶器などを破損させてしまうような乱暴な使い方は避けることも肝心です。設備機器類においては故障した際に、自己解決しようと勝手に手を加えてしまうと、原状回復の際に問題になる可能性があるので、もしも、壊れてしまった際には管理会社に相談した上で対応してもらうことも大切なことです。

 

退去する前にチェックすべき項目は沢山ある

東京で賃貸オフィスを借りている方が、数年後に退去するような際には、必ず原状回復のルールや決まり事を今一度確認することが必要です。何もせずにそのまま引き渡してしまうと、莫大な費用が掛かってしまう恐れもあるので、この点には十分な配慮が求められます。

まずは、オフィス内の物品を全て移動させることが必要です。次の物件が決まっていれば引越しを済ませておくこと、そうではない場合は一時的に荷物預かりサービスを利用する手段もあります。その上でオフィス内を可能な限り掃除をすることです。印象を良くすることも影響する可能性があるので、普通の範囲の掃除は行っておいた方が常識的とも言えます。

ブラインドを用いているオフィスの場合は綺麗に拭き掃除を行っておき、埃を全て無くすことも綺麗に見せるコツです。水回りもそれなりの掃除をしておき、特に目立つ部分は専用の洗剤を使ってメンテナンスを施すことも良い方法です。

オフィスの場合は原則としてスケルトン状態で引き渡しをする方法になるので、後から付けた造作家具や間仕切りなども全て撤去することも必要です。掃除と撤去を済ませた後には、細かな部分にまで目を向けてみて、もしも簡単に補修可能な傷や剥離などが見つかった場合は、補修用品を購入して直しておく行動はプラスになる可能性も十分にあります。

退去時には必ず不動産会社の方と一緒に立ち会いをすることも欠かせません。これをしないと言われるがままに料金の支払い請求が来てしまう恐れもあるので、立ち会いのもとチェックをしてもらうことも大原則です。

 

東京で賃貸オフィスを借りる際には、原状回復のルールや決まり事を事前にチェックすることが必要です。退去時に思わぬ請求が来てしまうことが無いように十分に配慮して使用することは当然です。

退去前にも行いたい行動もあり、できるだけ綺麗なスケルトン状態にした上で、不動産会社と立ち会いのもとで最終的なチェックをしてもらう方法でトラブルを回避できます。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
オフィス原状回復業者ランキング!
第1位 オフィスJP
オフィスJPの画像
記事一覧