東京のオーナーさん向けにおすすめのオフィス原状回復・内装工事業者を比較ランキングでご紹介

原状回復のスケジュールを確認!いつからオフィス移転するのがベスト?

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/09/09

オフィスを移転する際には考えなければいけないことがたくさんあり、その一つが現在利用している場所の原状回復になります。アパートなどの賃貸でも行いますが、オフィスを借りた場合には行う内容が違ってくることに注意が必要です。

それを把握してしっかりとスケジュールを決めることが、スムーズに移転するには重要になります。

解約期間までに原状回復を終わらせなければいけない

賃貸住宅を解約する場合は解約日までに明け渡せばいいですが、オフィス移転の場合にはただ単に明け渡せばいいというわけではありません。オフィス移転で物件を明け渡す場合には、原状回復を行ってからする必要があるのでそれを把握しておかなければいけません。

解約日までに工事が終わらない場合には、日割りで家賃が発生することがあるので注意が必要です。そのため契約期間に余裕を持って移転のスケジュールを決めることが重要になります。

そして重要になるのがいつから工事を始めるのかという点ですが、100坪程度の大きさの場合でも1ヶ月ほどは工事する期間が必要です。そのため最低でも一か月くらいからは、工事が始まるようにしなければなりません。

しかしそのようなスケジュールで行う場合は、施工会社を決めることも重要になります。見積もりを取ったり業者とのスケジュールも打ち合わせを行う必要があります。それらは直前ですんなり決まることではないので、明け渡し日の2か月くらい前までには業者との打ち合わせも終わらせ余裕をもってスケジュールを設定できるようにしておくことが大切です。

見積もりの際に期間なども大丈夫と思っていても、トラブルが起こった場合は時間がかかってしまうこともあります。それを見越し十分に余裕をもって行動できるようにしておくと、安心して原状回復をすることができます。

原状回復には大きなコストがかかる

原状回復を行う際には住宅などであれば数万円ほどで済むこともありますが、オフィスの場合には小さなコストではできないことを理解しておく必要があります。小規模であれば坪単価4万円前後ほどが目安ですが、100坪以上の大規模な場合には坪単価5から10万円ほどの費用が必要です。

そのためオフィス移転を考える場合はそのまま継続して契約した方が良いのか、またはコストはかかるが移転をした方が総合的にメリットがあるのかよく考えることが大切です。一般的に工事はビルの管理会社が指定する業者で行うことになり、これは電気や設備の工事があるためそのビルをよく把握している業者が行うのが望ましいからになります。

ビルの管理会社が適正な見積もりを出してくれるでしょうが、場合によっては必要じゃない工事なども含まれていることもあり注意が必要です。コストや期間などに疑問があった場合には、内装工事の知識が豊富なプロにアドバイスを受けることも選択肢の一つです。

オフィスの原状回復はコストがかさむものなので、できるだけ削減できるものは削減することが大切になります。そうすることで余計な費用をかけずに済み、新しいオフィスを整えることに回すことができます。また入居時に原状回復を行う際の費用について目安となる見積もりを管理会社からもらっておくと、移転する際の計算に使うことが可能です。

できるだけ早めにスケジュールを作る

オフィス移転をする場合には原状回復だけでなく、新しく利用するオフィスを探すことも重要になってきます。原状回復工事を行うということはその際に古いオフィスを利用することは難しく、工事が始まる前には新しい場所に移転しておく必要があります。

その際に物件を探すことや契約を結ぶことを考えた場合、できるだけ早く物件探しをして契約することが大切です。東京などの場合には様々な会社があり、似たような規模のところが同じ時期に探し始めると良い物件はすぐになくなってしまいます。そのため良い条件の物を契約できるように、しっかりとスケジュールを組んでおくことが大事です。

オフィスを解約したい場合には、6か月前には届け出なければいけません。小規模のところでは3か月前のところもあるので、その点はしっかりと把握しておきましょう。引越しするにしても引っ越し先のレイアウトや新規で購入するオフィス家具、また引っ越し業者との打ち合わせもあります。

移転などが重なる時期に引っ越してしまうと、引っ越し業者も手が足りないこともあり決めるのが難しいこともあります。作業内容や廃棄物の引き取りなども行ってくれるかも大切で、それらをしっかりと見極めることが必要です。時間に余裕がないと焦ってしまってきちんとした判断ができないこともあるので、スケジュールは早めに作成して時間に余裕をもって行いましょう。

 

オフィスの原状回復を行う場合には、それだけに意識をとらわれずに全体的に考えることが大切です。スケジュールを作成するにはできるだけ早く行うことで、時間に余裕がうまれきちんと考えることができるのでしっかりとしておきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
オフィス原状回復業者ランキング!
第1位 オフィスJP
オフィスJPの画像
記事一覧