東京のオーナーさん向けにおすすめのオフィス原状回復・内装工事業者を比較ランキングでご紹介

フロンティアコンサルティングの口コミや評判

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/04/23

【詳細】

会社名:株式会社フロンティアコンサルティング
住所[本社]:東京都中央区日本橋本町3-3-6
TEL:03-3516-6400

フィス移転の歳に避けて通れないのが、オフィス原状回復です。出来れば退去のコストは控えたいものなので、短期間の間に契約条件を満たすように手際よく施工を進捗させる必要があります。そこで、ここではおすすめ業者「フロンティアコンサルティング」を紹介していきます。

オフィス原状回復はタイトなスケジュールになりがち

一般的な賃貸住宅の場合は、賃貸借終了後解約日までに引渡しをすれば問題ありません。通常使用の範囲内の経年劣化によるクロスや水回りの消耗品などは、オーナーが原則負担し新たな入居者に備えることになります。

通常の使用を超えた用法違反や、タバコ喫煙によるクロスの偏食など、賃借人が責任を追うべき事情がある範囲で、賃借人が例外的に負担すればよいだけになります。

退去時の原状回復は、敷金の返還額に直結するのでしばしばトラブルになりますが、消費者契約法や敷金に関するガイドラインなどで、賃借人保護が図られているので、実際にはそれほど高額な負担を要求される事態はかなり減少しています。

しかしオフィス原状回復では、文字通り入居時の状態まで戻してテナントオーナーに返還する義務があります。おまけに経年劣化する消耗財も含めて、店子の負担で入居時の状態にもどす必要があります。

最もどの程度まで原状回復するべきかは、契約条件により異なりますが、オフィスをまじ切るためのパーテーションや、外観を浴するためのクロス材の変更や、水回り設備の新設などを入居後に行っているばあいには、それらはすべて原状回復になるのが一般的です。

おまけにオフィスの建造物の構造や周辺の環境によっては、施工が複雑になり工期には相応の期間を見る必要があることも。タイトなスケジュールの枠内で工事を進捗させることを要します

原状回復の時間やコストはどれくらいかかるのか

それでは東京でオフィス原状回復を施工するには、どれほどの時間とコストを見るべきなのか。期間は入居時の内装工事と同様に、オフィスの規模や撤去する内装の加減により変動します。

一つの目安として100坪(324平米ほど)で1か月程度は必要と想定しておくべきです。それほど設備や什器・間取りなどに変更を加えていない場合でも、入居時の内装に比較すれば時間がかかるものとスケジュールを組むのが懸命といえます。

照明設備やブラインドの除去など実際に作業を始めてみると案外時間がとられる作業が続出してくるものだからです。少なくとも1か月分の期間はオフィス退去までに時間を見ておく必要があります。時間がかかる分、費用面もそれなりの負担を覚悟するべきです。

東京でオフィス原状回復を行うときの費用も、オフィスの規模や内装の具合、ビルの構造やグレードなどで左右されます。ここでも東京の費用の目安としては、100坪以上の大規模オフィスでは5-10万円程度、小規模のオフィスでは3-5万円ほどの坪単価を見て置く必要があります。

また設備のグレードや規模によっても大きく変動します。 このようにオフィス原状回復はタイトなスケジュールの枠内の中でも、それなりの時間と費用を投入することが必須なのが分かります。株式会社フロンティアコンサルティング(フロンティアコンサルティング)は、東京でのオフィス原状回復に豊富な実績があります。

フロンティアコンサルティングを利用するメリット

株式会社フロンティアコンサルティング(フロンティアコンサルティング)は、東京都に本店を構えており、大阪・名古屋・札幌・広島など日本全国で8つの支店を展開している、オフィス原状回復を手がける会社です。

設立以降1000件以上のオフィス原状回復の実績を持っており、オフィスや事務所の原状回復に特化したサービスを提供しています。原状回復では同じ規模のオフィスでも、それぞれの施工現場の状況や原状回復工事の内容によって、時間も費用も大きく変わります。

とりわけオフィス移転の場面においては、新たなオフィスに投下する費用に比較しても、原状回復費用がかなり嵩むことは覚悟する必要があります。施工規模によっては外注に依存せざるをえない事業者が少なくないなかにあって、フロンティアコンサルティングでは自社スタッフで施工します。外注などに下請けに依頼することによるコスト増や、責任の所在があいまいになるといったリスクを最小化できるメリットがあります。

またフロンティアコンサルティングではオフィス移転全体を視野にいれ、オフィス原状回復はもちろん、オフィス移転コンサルティングも提供しています。新オフィスの仲介やオフィスデザインなどもトータルでオフィス移転をサポート。コストを抑えてスピーディーにオフィスを新築した事業者にとって利便性の高いサービスを期待できます。

 

東京でオフィス移転は、オフィス原状回復と表裏一体の関係にあります。内装や設備などはすべて原状回復する必要があるので、入居時の内装工事に比べてもコストも時間もかかります。株式会社フロンティアコンサルティングはオフィス原状回復全般をサポート、新オフィス移転に心強い存在になってくれます。

おすすめ関連記事




サイト内検索
オフィス原状回復業者ランキング!
第1位 オフィスJP
オフィスJPの画像
記事一覧