東京のオーナーさん向けにおすすめのオフィス原状回復・内装工事業者を比較ランキングでご紹介

原状回復の見積りを取る際はしっかり現地調査をしてもらおう

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/09/09

東京でオフィスを賃貸として利用していた場合、移転する際には原状回復が不可欠になります。賃貸を開始したときの状態に戻して家主に返還しなければいけない義務が借主にはあることから、できるだけ元の状態に近づけて、返還する必要があります。

そこで頼りになるのが、オフィスの原状回復を専門に行っている会社です。その際に重要なのは見積りとそれに必要な現地調査です。

原状回復に欠かせない現地の調査

移転や事業の終了などによりレンタルオフィスの使用をやめる場合には、もとの状態に戻してから家主に返還する必要があります。事業に使用していた各種の器具なども全て撤収する必要があり、返還する際はもとの何もない状態に戻してから返還するのがルールです。

できるだけもとの状態に近づけるためには、専門の会社に原状回復を依頼することも便利な方法です。仕事を依頼する際にはまずどれだけの費用や日程がかかるのか見積もりをしてもらう必要がありますが、その際に重要になるのが現地調査です。

電話などでオフィスの現状を詳細に伝えても、実際に目で見ないとわからないことも多いからです。依頼する会社のスタッフが実際に現地まで訪れて確認をすることで、より正確な見積りをしてもらうことができます。

元通りの状態に復元するためには、そのオフィスがもともとどのような状態にあったのかを知ることが不可欠ですが、現地で実際に調査をしてもらうことで、回復のためのより具体的な方法を知ることができます。

それによって必要となる作業も把握することができ、どれくらいの費用がかかるのかも明確にわかります。特定の期限までに返還しなければいけない場合などには、正確なスケジュールの把握も不可欠になりますが、現地調査を実行してもらうことでより詳細な回復に必要な日数がわかるので、計画的に復元作業が進められます。

調査を行うことのさまざまな利点

現地調査をすることによって具体的に確認できることの一つにオフィスの広さがあります。幅や長さなど数字だけは電話でも伝えることができますが、細部の細かい大きさなどは実際に現地で見ないとわからないことも多いです。

特に複雑な形状をしているオフィスの場合には、原状回復をする際には特別な作業が必要になる場合もあることから、そうした点でも現地調査は欠かせなくなります。元の状態に戻すためには大規模な工事をする必要が生じる場合もありますが、専門の会社ならば調査をすることでスムーズに必要な工事の内容と予算を把握できます。

原状に戻すということは、もとの状態に戻すことが基本ですが必ずしも元通りの新築の状態に戻さなければいけないわけではなく、使用にともなって生じた自然な損耗については、一般的に借主には回復する義務がない場合が多く、契約時の条件により原状回復を行います。

そうした点を踏まえて、できるだけ必要最小限の予算で工事を行いたい事業者にとっても、事前の見積りと調査は欠かせないもので、契約の内容に沿った工事の現地調査をすることにより具体的に確認できます。

業者と相談をしながら工事の内容を決定していくことで、より納得のいく価格で作業を行ってくれる業者を見つけることが可能です。実際にスタッフと現地でコミュニケーションをとりながら、打ち合わせができるのも大きなメリットです。

見積りをしてもらうときのポイント

専門の業者に現地調査をしてもらう場合には、より具体的な作業と費用の確認をすることも不可欠です。たとえば専門の業者が見積りを行う場合には、業者が定めている基準によって費用が決定される場合があります。オフィスの具体的な面積によって施工価格が決定される場合も多く、そうした点でも調査は欠かせないものになります。

業者が詳細にオフィスの面積を測定した後で、基準に従って費用を提示してもらうことで、より双方が納得できる形で工事を始めることができます。工事費用を一坪単位で決定している業者も多いですが、注意しなければいけないのはオフィスの広さによって坪単価が異なる場合があることです。

一般的に面積が広くなるほど、それだけ多くの手間ひまと時間をかける必要が生じることから、その分一坪あたりの単価も高くなる傾向があります。同じような内容の工事でも規模の大きい場所と小規模の場所では、一坪あたりの単価に数万円の差額が生じるような場合もあるために、そうしたことを確認する意味でも事前の現地調査は不可欠です。

また見積りでは優良な業者ほど、より具体的な内容で費用の詳細を教えてくれる傾向があります。現地調査に基づき、面積や個数などを合わせて提示することで工事に必要な見積りをしてくれる業者ならば、工事と費用の関係をよりわかりやすく理解できるので、依頼者の側にも大きなメリットがあります。

 

オフィスの原状回復を行う場合には、専門の業者に依頼することでスムーズに元の状態に戻すことができます。その際には現地調査と見積りが欠かせないものになります。しっかりと現場を確認してから工事を始めることで、費用の点でも内容の点でも納得のできる工事を依頼することができます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
オフィス原状回復業者ランキング!
第1位 オフィスJP
オフィスJPの画像
記事一覧
おすすめオフィス原状回復業者の口コミや評判