東京のオーナーさん向けにおすすめのオフィス原状回復・内装工事業者を比較ランキングでご紹介

原状回復?内装解体?スケルトン工事?それぞれの違いを解説

賃貸のオフィスを借りた場合には、退去時には元の状態にする原状回復を行わなければなりません。この原状回復の方法には、いくつかの種類があり単に原状回復といっても内容としてスケルトン工事や内装解体工事など求められる工事の種類が変わってきます。

そのため、契約時にこれらの取り決めを理解していなければトラブルの原因になるため注意が必要です。

 

そもそも原状回復で行わなければならいこと

原状回復は賃貸借契約を行う時に明記されるもので、退出時には原状を回復しなければならないというものです。原状とは、借りた時の状態という意味で、オフィスに限らず住宅や土地を借りた場合にも同様に元に戻さなければなりません。

原状回復で行わなければならないことは、借りている側にとっては、通常の使用以外で生じたものといったものです。

また、トラブルとなりやすいのがアパートやマンションの場合です。オフィスの場合、トラブルの原因になるのはスケルトン工事であるのか内装解体であるのか、またはそのまま退出して良いのかといったものです。

実際のところオフィスや店舗の場合には住宅とは異なり、借りた側が内装を作ることになるため、それらを撤去して退出するのが一般的な考え方です。ただ、居抜き物件というものもあり、この場合には内装や設備を次の借り主に譲渡してしまうという方法もあります。

居抜き物件はすべてで行えるものではありませんが、原状回復に必要な費用を最小限にすることが可能です。  最初の契約にも書かれていることですが、実際には金銭的な問題もあって、最終的にはオフィスを貸し出しているオーナーと話し合いで決めることも出来ます。

しかし、問題となるのがその費用の負担で業者によって費用が大きく変わることになりますし、工事の違いも出てくるなど十分に選ぶ必要があります。

 

オフィスの原状回復の種類は借りた時の状態による

オフィスや店舗など事業用途に使われてるものは、貸し出す時には基本的にはスケルトンの状態です。

しかし、中には内装解体をしただけの場合や居抜き物件のように設備が残ったままの状態もあります。単純に原状回復とした場合には借りた時の状態に戻すですから、借りた時の状態によってやるべきことが変わってきます。

つまり、居抜き物件であれば設備を残したまま退去して良いわけではなく、契約で内装解体やスケルトン工事をすることを求められていれば、それに応じなければなりません。反対にスケルトンで借りた場合でも、居抜きを認めている場合には工事を行わずに退去することも可能です。

いずれにしても、これらの取り決めは賃貸借契約の時に交わされていますし、互いに正しく状況を認識していれば問題も起こりにくいものですが、その行うべき部分に対する費用負担の割合によってトラブルの原因になるのです。

また業者によっては行う仕事の品質や費用も変わってくるもので、特に貸している側が手配した業者の言いなりで行えば大抵の場合、多額の費用が請求されることもあり、これが問題を大きくさせることになります。

そのため、賃貸物件を借りた時には、退出時の取り決めをしっかりと理解していなければなりません。必要に応じてオーナーと話し合いをして、互いに行うべきことを理解しておく必要があるものです。

 

スケルトン工事と内装解体工事の違い

原状回復は借りた時の状態であり、借りた時にスケルトンの状態であれば返却する時にはスケルトン工事を行わなければなりません。スケルトンは、柱や梁、外壁や屋根などの建物を成している部分を除いて存在しない状態のことです。

つまりここから使うためには電気や電話などの配線工事を行う必要があり、さらに内装を作らなければなりません。

大規模なオフィスや店舗であればスケルトンにするのが一般的ですが、それほど大きくない場合には既存の設備を利用するケースもあり内装工事となります。これらの工事を行うためには多額の費用がかかりますし、解体工事のため廃棄物も発生します。オフィスの場合にはそれほど費用は掛かりませんが店舗などの場合にはさまざまな設備があるため、費用が高くなります。

それと工事を行うためには、搬出する手段が確保されている必要があり、確保されていれば費用も安くなるものです。  東京ではオフィスや店舗の需要も高いので、これらの工事を行う業者も多くあります。

ただ、多くは下請けに任せるというもので自社で行うところは少数です。

しかし、下請けに任せっぱなしのようなところではなく、現場を管理するようなところを選ぶことが品質を維持する上では欠かせません。またオフィスを貸しているオーナー側との調整も出来るようなところであれば、トラブルを避けてスムーズに返却することができます。

 

賃貸で部屋を借りている場合には、退出する時には原状回復を行わなければなりません。原状を回復するということですから、借りた時の状態にする必要があるものですが、その認識の違いからトラブルの原因になりやすいものです。

このため信頼できる業者を選ぶことがトラブルを避けるためにも必要不可欠なことになります。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
オフィス原状回復業者ランキング!
第1位 オフィスJP
オフィスJPの画像
記事一覧