東京のオーナーさん向けにおすすめのオフィス原状回復・内装工事業者を比較ランキングでご紹介

床下の配線撤去は業者に依頼した方がラク?

オフィスなどにおいて原状回復する際に必ずと言って良いほどしなければならないのが床下にある配線撤去です。今やどのオフィスも利便性から床下に配線することが多くなっています。

このため原状回復においては、こうした配線を撤去しておく必要があります。ここでは配線撤去を自力でするか、それとも専門業者へ依頼したほうが良いのか点を考察します。

 

自力でする場合のメリットとデメリット

まず自力でする場合のメリットとしてはなんと言っても費用がかからないという点にあります。自社社員が全て対応しますので、基本的に費用は発生しないこととなります。経費節減が最重要課題である企業にとってこれは大きなメリットと言えます。

また作業がすぐに取り掛かることができるのもメリットとして挙げられます。社員に対して指示すれば良いだけですので、いつでも都合の良い時に作業が可能となります。自社社員が従事して作業しまので、作業管理がしやすいといった点もメリットとして挙げられます。

一方、デメリットとしては基本的に素人ですので、作業効率が悪くなる恐れがあるという点が挙げられます。社員には配線撤去に関するノウハウはあまり持っていませんので、作業が長期間になってしまう可能性があります。

また電気配線を扱いますので、リスクを伴うといった点も大きなデメリットと言えます。電気の扱い方に詳しくありませんので、不適切な作業により場合によっては感電するなどといった大きなトラブルが発生することも十分に予想されます。

さらに作業を従事している間はその社員は本業に専念できないといったデメリットもあります。本来社員は企業活動のために従事しなければなりませんが、作業中は企業業務に従事することができず、企業活動が停滞することとなります。これも企業にとっては大きなデメリットと言えます。

 

専門業者へ依頼する場合のメリットとデメリット

次に専門業者へ依頼する場合についてですが、まずメリットとしては安心して任せることができるという点です。専門業者ではこれまで数多くの床下の配線撤去工事を担ってきた実績がありますので、職人たちのスキルは大変高いと言えます。

このため、的確で安心の施工が可能となります。また職人の知識が豊富にあるといった点も大きな魅力です。経験が豊富にある分、知識も多くありますので、分からないことや不安なことなど、床下の配線撤去工事のことなら何でも的確にアドバイスしてくれます。

さらに作業を業者にすべて任せますから、作業中でも社員は企業活動に専念することができます。このため企業活動が停滞するといったことはありません。

一方デメリットとしてはなんと言っても費用がかかるといった点です。外注する以上、それなりの費用はかかることとなり、経費節減に取り組む企業にとってこれは大きなデメリットと言えます。また外注ですので作業開始日が自由に決められないというのも点もデメリットです。

専門の業者では様々な企業から同様の作業についてオファーがあるのが一般的ですので、そうした複数の依頼案件をうまくスケジューリングして施工に取り掛かります。特に年度末や年度始めの時期は引っ越しシーズンでもあり、この時期はなかなかスケジュールが合わないことが多くあります。このため企業側の都合で作業が実施できないという不便さがあります。

 

自力と専門業者へ依頼はどちらが良いのか

では原状回復のためのオフィスなどの床下の配線撤去を自力でしたら良いのか、専門業者に依頼したら良いのか、どちらが良いのでしょうか。結論から言えば、専門業者への依頼が得策と言えます。

その理由としてまず挙げられるのが安全面です。床下の配線撤去工事ではそれなりのスキルが求められますし、電気に関する知識も必要です。一般の人が無理に作業をしますと感電事故が起こる恐れがあり、そうなりますと取り返しがつかなくなります。

的確にかつ安全に施工することは何よりも重要なことですので、そうした点を考慮すれば、専門業者への依頼がベストということになります。

また専門業者へ依頼した場合の最大のデメリットである費用についても、確かに費用はかかりますが、最近の専門業者は比較的リーズナブルな価格で提供しており、それほど高いというものではありません。多くの専門業者ではコストカットに励んでいるため、常に魅力的な料金体系での提供が可能となっています。

このため経費節減に取り組む企業にとっても大変利用しやすくなっています。作業日程についても職人を他のエリアから呼び寄せるなどしてフレキシブルに対応していますので、よほどの繁忙期でない限り、基本的には企業側の都合に合わせてくれるところが多いです。

このように専門業者へ依頼した場合のデメリットというのはかなり圧縮されていますので、その意味でも専門業者への依頼は得策と言えます。幸い、東京都を中心にこうした専門業者も数多く展開していますので、その点も理由として挙げられます。

 

原状回復のためにオフィスなどの床下の配線撤去を自力でする場合には費用がかからない一方、危険を伴うといったデメリットがあります。専門業者へ依頼する場合には的確な施工が可能である一方、費用がかかるといったデメリットがあります。

安全第一であることや価格も安くなっていることを考慮して、専門業者へ依頼するのが得策となります。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
オフィス原状回復業者ランキング!
第1位 オフィスJP
オフィスJPの画像
記事一覧