東京のオーナーさん向けにおすすめのオフィス原状回復・内装工事業者を比較ランキングでご紹介

ブラインドの原状回復は水洗いだけでも大丈夫?

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/09/02

オフィスなどにあるブラインドはなるべくきれいな状態を維持したいものです。そのため日常的な掃除がカギになり、ホコリは溜まってしまうと掃除が大変です。乾いている状態だとホコリや汚れを落としやすいので、こまめに掃除することが重要です。

しかし毎日掃除するのは大変で、原状回復するには難しいでしょう。

時間や手間がかかるので敬遠されている

カーテンならレールから外し、洗濯機で洗うことが可能です。しかしオフィスなどにあるブラインドの場合は洗濯機で洗うことはできません。落ちないよう硬く設置されているので、すぐに外すことは不可能です。1枚1枚ブラインドを掃除することになりますが、時間や手間がかかるので敬遠しがちです。

ハンディモップや掃除機を使って表面にあるほこりを取っている人がいますが、実際見えている表側はもちろん裏側にも汚れがついていることが多いのできれいにするのは難しいものです。縦方向に掃除することができないので、横にハンディモップを動かすことがコツになりますが、しばらくたつとホコリはべたついてくるので取れにくくなるでしょう。

軽く拭いただけではホコリや汚れが落ちないことも多く、きちんと落ちた部分や落ちなかった部分があるのでムラになってしまいます。掃除してもしなくても同じではないのかと悩んでいる人もいるでしょう。オフィスにあるブラインドはそのまま放置していることが多いですが、東京には水洗いなどによって原状回復することができる業者が多くあります。

掃除を業者に依頼することによって、業務に専念することができきれいな環境を手にすることが可能です。専用洗剤などを使って掃除するので、短時間においてきれいに原状回復することが可能です。取り外して全体的にきれいに仕上げてくれます。

ホコリをとることから始めよう

オフィスのブラインドを掃除するにはいくつかコツがあり、まず溜まったホコリをはらいます。いきなり雑巾で拭きとるとホコリや汚れを広げてしまい、羽根に傷を付けるかもしれません。面倒がらずにホコリを丁寧に取り除くことから始めます。掃除機にアタッチメントが付いてあるタイプを持っているなら利用してみましょう。

ブラシ付きアタッチメントの場合、狭い隙間にブラシを入り込ませほこりを吸い取ることが可能です。羽根に沿って横に掃除機を動かすときれいにすることができます。掃除機のアタッチメントがないタイプでも代用品があり、ブラシ付きアタッチメントがない場合はハケなどを購入しホコリを払いながら吸い取るといいでしょう。

可動域が広いハンディ掃除機がおすすめで、掃除機がない場合は乾いたタオルで払い落とすと良いです。払い落とす場合ホコリが落ちてしまうので、新聞紙などを下に敷いておくと後が楽です。ブラインドを丸洗いする方法もあり、取り外して丸洗いすることが可能です。

水洗いすると新品同様のきれいさが甦り、丸洗いするメリットとしてヒモ類もきれいにすることができます。取り外すのもある程度力が必要だったり時間がかかるので、東京にある業者に依頼すると便利です。きれいに原状回復することができ、オフィスの中がすっきりするでしょう。定期的に依頼することによって、オフィス全体をきれいにすることが可能です。

2人以上で作業することをおすすめ

ブラインドを丸洗いするには、まず取り外さなければいけません。すべて上にあげて畳んだ状態にしてから、解除ボタンやスライドロックを探します。壁に取り付けているブランケットと呼ばれている金具の前方において、解除ボタンやスライドロックなどがあるか探してみましょう。

メーカーによっては形状や名前に違いがあり、解除ボタンやスライドロックを押すとブラインド部分を外すことが可能です。片方の手で落下してしまわないよう支えながら行うと良く、ボタンを押して外すことができます。

大きなものの場合、落下する心配があるので2人以上で作業すると安心です。外せたら水が使える場所において、中性洗剤を使って水をかけながら洗いましょう。直接洗剤を付けるというより、スポンジなどに含ませて洗うことによってムラを防ぐことが可能です。

いくつか注意点があり、ヘッドボックスに水を入れないよう注意が必要です。上部のヘッドボックスと呼ばれている部分に水が入ったり濡れてしまった場合、取り付ける前にドライヤーできちんと乾かしておかなければいけません。本体は外してみると意外に重いので、落下して羽根を破損したり身体を傷つけてしまう可能性があるので十分に注意が必要です。

洗ったら立てかけて、自然乾燥するのが便利です。水気を拭き取った後、設置場所に取り付けて乾燥することをおすすめします。時間と手間をかけたくないなら、東京にはいろいろな業者があるのでブラインドの清掃を依頼すると便利です。

 

オフィスにあるブラインドの掃除は手間や時間がかかるもので、まずホコリをとることから始まります。2人以上で作用する必要があり、どこか傷つけたり怪我するかもしれません。

東京にはいろいろな業者があるので、ブラインド清掃を依頼すると便利です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
オフィス原状回復業者ランキング!
第1位 オフィスJP
オフィスJPの画像
記事一覧